2009年08月09日

天使のラリエット(part2)

rariette1n.JPG




この夏野外ライブで会うEさんへプレゼントです
彼女とは親子ほどの年の差がありますが
好きなアーティストを通して
仲良くお付き合いさせてもらってます


彼女をイメージして作ったラリエット


rariette2.JPG  rariette3.JPG



偶然がいくつも重なり合って
物語のように出会った彼女
私には天使のように見えましたよ

☆大切なお友達です


糸はコットンベビーを使用
やさしい肌触りです


2009年06月24日

アジアンなシュシュ

DSCN0120n.JPG



前回と同じシルクリネンの糸を使って
シュシュ

ここにもウッドビーズを編み込みました

夏に向けて
コットンや麻のナチュラルな服に
合いそうです






muffn.JPG


アジアンなものという事で
前回のナローマフラーとあわせて

こんな感じでいかがでしょう

2009年06月19日

アジアンなマフラー

muffler.n.JPG


シルクリネンの糸を
茶のリボンに直接編み付けながら
淵編みをしてみました

1周編んだところでラリエットも考えましたが
この渋い色にお花やモチーフを付けるのも
なんだかなあ・・と思い
ナロー(幅の狭い)マフラーに変更

リボンの片方だけ段数をふやして幅をひろげました
最後にウッドビーズを編込んでバランスをとります




muffler2.JPG   muffler3.JPG


このウッドビーズは古いネックレスを分解したものです
たまたまフリンジの先につるしてみると
意外とかわいくて
おまけにシャラシャラといい音がします

手触りも良くて、思いがけないところで
癒し効果のあるマフラーになりました

家のなかに使わなくなったアクセサリーがあったら
参考にしてみてくださいね

ちょっと地味すぎたかなあ
今年人気のロングスカートなんかに
あわせるといいかも

2009年06月14日

3つの素材を使って

3set.JPG


シルクリネンの糸がありましたので
何か小物を作ってみることにします

糸と一緒に使えそうなものはないかと
クローゼットの中をごそごそ
色味が合いそうな上の2点を選びました

茶色のリボンの残り
使ってないウッドビーズのネックレス

何にしようかな
とりあえずリボンに淵編みをして・・
ネックレスを分解して・・

2009年06月09日

キラキラ’TRAY

tray2nn.JPG


長編みと鎖編みで作る簡単なトレイです
麻糸で編んだナチュラルなトレイも好きなのですが
白い家具が多いので
シルバーラメで




tray1n.JPG


市販のものとちがって
中身に合わせた大きさや高さに
作れるところが気に入ってます

いろんなサイズを作って
玄関に置いて鍵を入れたり
化粧品を入れたり




tray3n.JPG


ラメは細い糸が多いので
2〜3本引き揃えてきつめに編むとしっかりします
淵編みの升目の部分にリボンを通しても
かわいいですね

2009年04月05日

編み物を始めたきっかけは?

今日は自分のことを少し・・
子供の頃実家は商売をしていましたので
忙しい両親のじゃまにならないように
一人で楽しみを見つけては遊んでいた子供でした。

母は洋裁や編み物をする人ではありませんでしたが
母の裁縫箱はとても立派で
箪笥を小さくした様な木箱に、引き出しや上蓋が付いていて
中には和洋裁の道具やミシンの用具がぎっしり詰まっていました。

私はこれを開けるのが好きで
ヘラやルレットなど何に使うか分からない物に
宝箱を開けているようでわくわくした記憶があります。

もちろん、かぎ針もこの中に混じっていて
これが編み物を始めるきっかけになりました。

あとは母の婦人雑誌に載っていたモチーフや小物を
見よう見まねで編んでいたように思います。

子供の頃、母と一緒に料理をしたり編み物を教わった記憶が無い分
親子のそんな情景にあこがれます。
「お母さんと子供で編む簡単ニット」のカテゴリを作ったのも
そんなあこがれからです。

みなさんの編み物を始めたきっかけは?



aran.n.JPG



冬糸最後の作品です
試し編みをさりげなく・・

春爛漫 お花見に行きたいなあ



2009年03月31日

ふち編みのついたハンカチ(その2)

淵編みハンカチ全n.JPG



ブログの第一回目の作品も
「ふち編みのついたハンカチ」でした。

これを編む時、子供時代の自分にもどります。

クリスマス会に子供同士でプレゼントを持ち寄るとき
えんぴつやノートと言ったプレゼントが多い中で
私はせっせとハンカチに淵編みをしていました。
このハンカチは好評で子供心にも得意だったことを覚えています。



淵編みハンカチぶぶんn.JPG



初めて鉤針編みをするときは
このハンカチの淵編みから始めることをおすすめします
鉤針編みは最初の作り目を拾うところが
一番わかり難いとおもいますが

ハンカチはこの作り目の代わりをしてくれます。

今回は長編の松編みを入れてみました
子供でもこの辺まで出来るようになると、おもしろくなってきます。


<材料>

ガーゼ・ハンドタオル・ハンカチ
(小さめでかぎ針が通るもの)
糸とそれに合った号数のかぎ針(2〜3号位)

<作り方>

ハンカチにぷすぷすとかぎ針をさしながら
細編み1目→くさり3目して→細編み1目と編んで一周します
(角のところは同じところに2回入れます)

2段目は鎖の山ごとに
細編み1目→くさり3目して→細編み1目→長編み5目
を繰り返します。
慣れてきたら最初と最後で模様が繋がるように
くさりの山の数を加減するといいですね

2009年02月23日

春のラリエット

春ラリエット全n.JPG



市販のリボンに淵編みをして花モチーフを付けています。

リボンが少々立派すぎて(笑)モチーフより主役になってしまいました。

使わなくなったパールチェーンも出番ができました。



春ラリエット・部分n.JPG


リボンから編み出す方法は、めんどくさがり屋の私には最適です。

長い鎖編みから目を拾っていく手間が省けて、出来上がりも
おしゃれでかわいい☆

手元にリボンがあったら試してみてくださいね。

2009年01月07日

アランニットでシュシュ

アランシュシュ1n.JPG


あけましておめでとうございます。
今年のお正月はいかがでしたか?

以前からアラン模様のシュシュを作ってみたいと
思っていましたので新年のご挨拶代わりに☆

編み物をしない方には
他のシュシュと何の変わりもありませんが
編み物をする方には、こんな作り方もありかもと
思っていただけるのでは・・

アランには金ボタンでしょうということで
イカリ模様のボタンを付けて、
リボンも本当はタータンチェックにしたかったな

今年もたくさんの人に編み物を好きになってもらえるような
楽しい作品を作っていきますので
よろしくお付き合いくださいね☆



2008年12月18日

クリスマスの贈り物(シュシュ)

クリスマスシュシュn.JPG


もし私が小学6年生にもどったら、今年のクリスマス会の
プレゼントにはシュシュを編んでいることでしょう。

添え糸にした銀色の糸が、ところどころパールのように光って
いい感じです。


シュシュ部分グレイ.JPG   シュシュ部分白.JPG


作り方:15号かぎ針 カラーゴム輪

    リッチモア ポーリン(白、シルバー)
    カネボウ ノビータ(シルバー)

    2本を合わせて編みます
    ゴム輪に 細編み1→くさり3→細編み1→くさり3→と
    一回り編んだらできあがり!


ポーリン1本でも充分かわいいし、目を落とさなければ
少しぐらいまちがっても大丈夫なので、
子供さんにもおすすめです。(指編みでも出来そうです)

毛足が長い糸なので、鎖編みはふわっと編むのがポイントです。



☆りんかいき

 「臨界期」という言葉
 お箸の持ち方や自転車の乗り方などでよく言われる言葉ですが

 子供がその物事を覚えるのに一番適した年齢(成長時期)をいう
 らしく、その時期に覚えたことは一生忘れないといいます。

 もし、編み物に臨界期があるとすれば、小学5・6年生ぐらい
 じゃないかなあ・・   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。